Mate(MK32M/E-F)にWindowsServer2016を焼く

録画マシンとして常時稼働(※保証対象外行為らしい)してるのにWindows7のままだと安定性がちょっとよろしくなかった
(落ちたり録画失敗はないが挙動がアレな時があった)のでサポート2年切ったし更新ってことで

使用SSD:Intel DC S3500 160GB
OS:WindowsServer 2016 Standard(デスクトップエクスペリエンス)

はまりポイント
この世代のMateは少なくともUSBブート時にNTFSなやつからブートできない用なのでFAT32を利用する
FAT32だとインストーラISOのInstall.winが4GBを超えてて壁にぶつかるので分割をする

Windowsイメージ(.wim)ファイルを分割する | 悩み多き文教市場のインフラ屋さん
Windows イメージ ファイル (.wim) を複数の DVD にまたがるように分割する – Windows 10 hardware dev
Windows Server 2016のインストールメディアの分割方法 – Masato’s IT Library
参考元

結構みんな試しているようなのであっさり出来ました。

Windows10だとできないからServerはどうなのって思ったらやっぱり別扱いっぽい
追記(2019年1月6日)
細かい順序を書いてなかったのでとりあえずかく
条件
このMateではEFIブートできたのでブートローダーは書かない。FAT32でフォーマットしないと起動できない

1.USBメモリをFAT32でフォーマット(GPTにする必要はなかったと思う)
2.USBにインストーラーイメージのinstall.wim以外全部USBメモリにコピー
3.Dismでinstall.wimを分割してそれをコピー
4.起動する終わり

BIOSブートだったら普通にここにブートローダーを書けばいける(はず)

後はドライバー当てて再セットアップのみだけどまあ録画鯖としてはごく標準的な装備(PT3x2+PT2)なので本体側でハマらなければ大丈夫だと思う・・・
ドライバーは8.1のを流用、グラフィックドライバーが心配だったけどOKっぽい(謎)
LANドライバーは窓がデフォで入れたやつがなんか新しいらしいのでそのまま、これがアレだったら古いのを強引に入れます・・・

なんかもっさりするのが謎わからん→気のせいな気がしてきた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください