4790Kを適当に4.8GHzまでOCしてみたお話

ども、tanaです。
4790Kをオーバークロックしてみたのでメモ

注意、一応言っておくとオーバークロックは保証対象外の行為なので自己責任にて、壊れても知りません

OCに関係ありそうな構成はこの通り
それ以外は上にリンクが張ってあるパヨヨン構成に書いてあります。

CPU:Core i7 4790K
CPUクーラ:Thermalright SilverArrow SB-E Extreme
RAM:CFD W3U1600HQ-4G(4GBx2)
VGA:Radeon R9 280X
マザー:ASUS MAXIMUS VII HERO
ケース:Corsair 500R
PSU:Corsair RM750

だいたいこんな感じ。

最初は適当に4.5GHzに倍率上げただけで回してたけど当たり外れが気になったので4.8GHzで回してみることに。

とりあえず1.3V以下から挑戦しようと思って1.282VでPrime95の設定・使い方(何時間もテストしなくて済む方法)を参考にPrime95を回してみました。(メモリも負荷かける方を)
DSC_0520
そしたら無事、10分完走したので、1.277Vで試してみたら。惜しくも10分弱でブルースクリーン吐いてしまい終了。
DSC_0519多分1.277Vでもいけるだろうけど不安なので1.282Vで使うことにします。
WS000313
ちなみに録画ファイルエンコード時も全然落ちる気配がなくて安定動作するので問題なさそうです。
ただしうちだとAviutl+x264エンコで室温12度ぐらいのお部屋で66度ぐらいまで行ったので夏場の常用は厳しそう

おまけ。
5GHzでも動作はしました。WEIもとりあえず完走。
WS000314

DSC_0529
残念ながらCPUのサブスコアが7.9行かなかったけど仕方なさそう。→後日検証した結果5GHzだとどうあがいても回らず4.9GHzで回してみたところ7.9行きました。忘れてなければそのことも書きたいと思いますです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください