HTL22がSIMを読まなくなったけどどうにか読んだ話

メモ書きにしますです

読まなくなるまでの流れ
StockからHTC One(M7)の国際版Lollipopの移植ROMを焼く→起動する(この時点では庭SIM呼んで通信可能だった通話も可)→起動時に必ずWCDMA優先になってしまうためあれこれ弄る→最後に調子に乗って茸SIM刺す→読まない(多分この時点で読まなくなってたんだと思う)→Stockに戻す→読まない

試したこと
ROM焼く前にバックアップ取ったmodemやradioを書き戻す→読んだけど5分程度で読まなくなってまた焼いても直らず→CM10.1焼こうとしても時間掛かり過ぎるけどそれが正常だったみたいなのをフォロワーさんに聞いたので実際に放置してお出かけしてたら焼けてた(10分ぐらいは焼けてなかったのは確認、フォロワーさん曰く20分放置したら焼けてたとか)→ケータイ・スマートフォン・モバイル: SIMロック解除 LTE修復 au HTC J One HTL22 改訂を参考にCM10.1でCDMA登録をNVからRUIM/SIMに変更してもう一回modemとradio焼き直して起動したら掴みました。
CR_x0SDVAAAYre5_orig
RoamingIndicator ONとか出るけどCM11焼いたらRoamingIndicatorOFFに変化し、そこからmodem一式焼き直して再起動しても変わらず。
純正SenseROMに戻したらKDDIに戻りましたちゃんちゃん。

教訓:怪しいROM焼かない、むやみにSIM入れ替えまくらない、パーティションバックアップは確実に弄るタイミングで取るのを毎回する
で、もしもSIM読まなくなったらCM10.1焼いてCDMA登録を見なおしてmodem焼きなおす。

こんな感じですかね。本当に死んだかと思って焦った。。。。

追記
ダメ元でmiscも焼いてたらhbootでOS-の後が空欄だったのが直ってたっぽい
CSI6PmeUcAAl5ni_orig

3件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください