縞なし24p用をサクッと見分ける奴


縞なし24p(2224プルダウン)の同時比較するやつだったもの | たさなんぶろぐ
昼間書いた奴の焼き直し。
縞なし24pでは解除関数の5パターン中2パターンが正しく逆テレシネを行えるっぽいことを利用して解除出来る2パターンを差分チェックで見つけようという関数です。
元ネタは昼間のにも書いたけれどポテトさんのPulldownmerge関数です。
なので大体使用関数とかフィルターは元と同じですが、これにはStackDiffを使用しているのでそちらの改変元の使用関数やフィルターも用意しておいてください。
ちなみに本家Pulldownmerge関数ですが、Auto_merge_orderを利用している部分を普通にflexiblemergeにした場合でも結果は同じになった上、速度が2倍違うので差し替えをオススメします。
以下はこの改変した関数でのチェックを5f連続出力したサンプルです。この場合は左から3つめが正しく逆テレシネを行えるパターンとなります。

正しいのが2パターンあるけれど好きなの使えば良いと思います
あと忘れてたけれどprefetch多用してるけどもしかしたらAvisynthNEO以外では使える引数が違うかも知れないのでダメだったら削っておいてください・・・
pulldown2224.avsi(
[Avisynth] #縞なし24p用のあれ #prefetchがNEO用なので変更推奨 function pul – Pastebin.com )

© プロジェクト マリ・ワカ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください