P-01DにCyanogenMod9を焼いてみる

こんばんはtanaです

今回P-01DにICSなカスタムロムであるCyanogenMod9を焼いてみました

必要なもの
CWM導入したP-01D
P-01D用のCyanogenMod9のzip
ICS用のGapps
殆ど無いと思うけど完全文鎮化しても泣かない心

参考にしたサイト
ぜろがじぇ!: みんなだいすきP-01DにICSベースのカスタムROM(CM9)を導入してみた!!!導入方法まとめ。

どこからか拾ってきたCyanogenMod9のRomをCWMで焼きます。今回はcm-9-20140221-UNOFFICIAL-ponyo.zipを焼きました。そしてGappsも焼きました。

DSC_0116

起動画面
DSC_0118
CyanogenMod導入初めてだったけどすっごくかっこいいなって思いました。

DSC_0120
よ う こ そ

DSC_0122
4.0.4にちゃんとなってます

カメラが使えないのと一回Wifiを無効にすると再起動しない限り有効に出来ない点とBluetoothが使えんさそうなところがつらいなって思ったけどしかたなさそう・・・・
でもちゃんと3GつかむっぽいしSIMロック解除できたから何かしらは使える(と思いたい)

おまけ。悪乗りしてOCしてみた
庵怒露慰怒 – IS Series

ここからカスタムカーネルをダウンロードしてCWMで導入するだけです。
バックアップは取っておいたほうがいいかも?
DSC_0123

OC前の定格


OC後の1900MHz


思ったよりスコアが上がっていたので驚いた。確かにOSの動作やSobachaの動作が良くなっていたので。
でもうちの個体だと1900MHz運用だとフリーズするみたいだし個体差もあるので気をつけてやったほうがいいかも

以上おまけでしたまる

最後に感想

DSC_0130

テーマを黒にしたSobachaを開いたP-01Dはとてもかっこかわいいなって思いました。
スペック的には低いけど小さいのを弄ってみたいなって思ったら手を出すのもいいかなって思いました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください