関西遠征記

本当は書くつもりがなかったらしいので写真もほとんど無いらしい

平日のおわりにわざわざ都内に出向き、夜行でワープしようとし、無限に寝落ちれないという事実上のワープ失敗をしましたが元気です(瀕死)。乗務員側の休憩乗り換え停車分全部記憶にある気がするんですけれど、こんな記憶が残ってるほど真夜中に意識が起きてて欲しくなさすぎる。

その上、何と言うことかめっちゃ前倒しで到着してしまい、朝叩き起こされた後にまだ30分ぐらいあるんやろ?って思って端末を見て唖然。この時点で目の前まで来ており、最終的に6時ちょいで大阪駅に解き放たれてしまったのでどうにかして時間を稼がねばなりません。そもそものそもが7時過ぎと勘違いしていて実際は6:30過ぎぐらいだった気がするのでここまでズレると完全に想定外。っていうか外出て気づく非常に寒い。持ってきて良かった上着。
仕方ないので近隣を無限に散策。後述しますが、この時点で脚が終了気味で、不定期で攣りかけのピキッって感じが両足ともに不定期でするレベルだったんですけれど、どうしようもないので見なかったことにしつつ少しは脚に気を使ったある気をしてました。
散策ついでにMBS社屋を拝む。写真には写ってないけど近くにそこそこ人がいてなんでこんなところにって思ってました。(場所を調べてなかったおたく)

デカかった……!

7時過ぎてようやく開店した大阪環状線での隣駅である天満駅最寄りのコメダにin
朝一モーニングでコーヒーはおいしい。ついでに移動時間中に読むつもりだった支部のSSを読み進め、ちょうど読み終わったタイミングで良い時間だったので出発。

近くにKTVの社屋もあったので拝んでおきました。

この後はおたくとエンカして散策。梅淀、写真撮ってなかったんですけどエスカレーター降りたあたりでボイチェビの特集スペースあったんですね。すごいですね。なんかのアニメのOPで出てきた大阪駅の手前に横断歩道があるアレも拝み。(写真撮ったけど人多すぎてボツ)移動中に電車からTVOも拝んでました(写真なし)。

大阪駅周辺、東京都内と違って集まる人のジャンルに異常な偏りがあるわけでもなく良い感じの都会の生活感があって良かったです。

昼飯のつけ麺を食らい、兵庫へ移動

花隈で下車し散策しながらSUNの新社屋を拝む。がんばれにょ~って挨拶し、本日2回目(?)の喫茶店にinし、おいしいアイスティを頂いたところで本日の本題であるワールド記念ホールに移動。

そうですね。fripSideの神戸公演だったんですね。
経緯としては、1回ぐらい遠征で関東圏外の地方公演行きたかったのですが、笑っても泣いてもこれがFinalということだったので、覚悟を決めていくことに。

連番オタクと合流し、入場したのですがここで問題が発生。席に座ろうと列の端の人に譲って貰い、通ろうとしたときについに脚が攣り、右足が終了寸前。数年振りレベルの痛さだったものの開場まで時間があったおかげでなんとか立てるぐらいには回復してよかった。お出かけに車しか乗らなくなったインドアオタクがいきなり公共交通機関で遠征するとろくな事が無い。

途中でペンライトの電池を交換するのは電池の向きが分からなくて厳しいのと帰りの処分に結構こまるので今後は事前に変えときます……

IS6あたりの新しい曲に聴き入りつつ、超電磁砲ソングやMCなどを楽しみつつ。
closest loveめっちゃ聞き覚えがあると思ったら現地で聞くのは初めてだったっぽい。めっちゃよかった。(てかなんで聴いたつもりになってたんだろう?って思ったらThe Eve of Decadeの円盤(Decadeの特典BD)昔から見まくってたから説)
記念ホール目前まで一緒だったおたくがfortuna on the Sixteenth nightききたかったけどまさかやらんよね?っていっていざ開けてみるとやって流石にうせやろと笑ったのは内緒。やるかはわからんけど行ってみないと当たらんよなぁとかいってたこれ。

と、楽しく過ごせたので良かったです。ありがとう。

出た後は関西に引っ越してたおたくが現地にきてたので一緒に梅田で飯を食い、梅田の上階のスペースで適当にだべってました。
カレーおいしかった。甘いと思ったらだんだん辛くて、辛いの得意ではないのに癖になる面白いカレーでした。

上階のスペース、建物の設計上、そこらのビルと同じぐらいは丈夫だと思うけどあれだけ解放されてると怖いですね。おっそろし。その後そのおたくを見送り、時間が来たので帰りの夜行と翌朝のJRでだらだら自宅に帰りました。


これ書いてるのは帰ってきた翌日なんですけど、まだ右足がびみょーに痛いです。

おわり。正直そろそろ夜行を卒業しないと身体が持たなさそう。っていうかこの計画にGOだしたのは誰なんだ……(自業自得)

おまけ(忘れてた)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください